院長ブログ

名古屋市中区で美容外科を経営する院長の本音。


エラ骨切り(口外法)と頬骨体部削りの38日後です。
大分腫れはひきました。


コメント ( 0 )


エラ骨切り(口外法)と頬骨体部削りの19日後です。
腫れてる感はなくなって来ました。


コメント ( 0 )


エラ骨切り(口外法)と頬骨体部削りの5日目です。
まだ腫れていますが、2日後と比べると少し引いてます。


コメント ( 0 )

エラ骨切り(口外法)と頬骨体部削りの2日後です。
顔全体が腫れているので手術前よりも大きくみえます。


コメント ( 0 )

22才 大学生
エラ骨切り(口外法)と頬骨体部削りの手術をしました。
エラと頬骨の張りが強く輪郭がごつごつした印象です。


エラ削り(口外法)はエラの外側を約3~3.5cm切開して脂肪層、筋層を押分けて骨を露出します。


ドリルで細かく穴を開けます。


ノミで骨を割り取り出します。


グラインダーで広く骨を削り形を整えます。


筋層、脂肪層、皮膚を縫って傷を閉じます


頬骨体部削りは口腔内から行います。
頬骨を露出してグラインダーで削り、形を整えます。
口腔内の傷は溶ける糸で縫います。


エラ骨切り(口外法)だけの場合はもっと小さな固定ですが、頬骨削りを同時に行うと目出し帽のようなマスクの固定を24時間装着します。

手術に際し以下の注意点につきご理解戴いた上で手術を受けられることをお勧め致します。

●骨切り(削り)量は元の骨の状態や神経の位置等により限界があり、それには個人差もあります。
●元の骨格や筋肉、脂肪、皮膚の張り等が左右均等でないため術後の輪郭に左右差が生じる事があります。
●切除骨片の大きさや、皮膚の張り等によりタルミが生じる事があります。
●骨切り(削り)量が多くなるほど端に段差が出来やすくなります。
●体質的に傷が盛り上がったり、逆にへこんだり、広がったりして傷が目立つ方がいらっしゃいます。
●手術後、手術部位の感覚が一時的に鈍くなったり、敏感になったりする事があります。
●神経や血管の損傷による後遺症の出現リスクがあります。
●骨を切る(削る)事で骨の強度が低下するリスクがあります。
●かぶれやすい体質の方は固定テープによる発赤、掻痒感、色素沈着が現れることがあります。
●麻酔の影響により眠気、悪心、頭痛等の症状が起きることがあります。
●術後の疼痛、症状、経過には個人差があります。
●患者様の容態の変化、医療機器の不具合、災害停電等により施術を中止又は延期する可能性があります。

手術費用
 頬骨体部削り¥540,000
 エラ骨切り口外法¥648,000
血液検査代¥10,800


コメント ( 0 )