院長ブログ

名古屋市中区で美容外科を経営する院長の本音。

タッチアップする西岡剛

タッチアップする西岡剛


日本は、1回表先頭打者イチローが米国先発のジェイク・ピービー投手(サンディエゴ・パドレス)から先制ホームランで1点、2回表川崎宗則遊撃手(福岡ソフトバンクホークス)の2点タイムリーで3対0とリード。先発の上原浩治投手(読売ジャイアンツ)が、チッパー・ジョーンズ三塁手に一発を打たれるも5回を1失点に押さえ、これはいけるぞと期待大にしていると、2番手の清水直行投手(千葉ロッテマリーンズ)が6回に昨年のナ・リーグ首位打者デレック・リー一塁手(シカゴ・カブス)にまさかの2ランホームランを浴びて、一瞬にして3−3の同点になってしまった。これでずるずる行ってしますのがいつもの日本だが、3対3の同点で迎えた8回表、西岡剛二塁手(千葉ロッテ)のヒットなどで1死三塁のチャンス。ここで打席に入った岩村明憲三塁手(東京ヤクルトスワローズ)がレフトフライを打ち上げ、西岡が三塁からタッチアップでホームイン、やったー1点勝ち越しー
と喜びもつかの間。タッチアップが早かったと抗議した米国ベンチのアピールが認められて判定が覆り、ダブルプレーが成立してこの回なんと無得点に終わってしまった。その後タッチアップの瞬間のスロー再生を何度も流していたがどう見ても捕球後にスタートしているので問題はないように見えるのだが、しかも一番近くで横から見ている2塁審判は早くなかったと言っているのに、正面から見ていた主審がその判定を覆すのは何かおかしい(八百長っぽい)。
結局、9回裏、日本は5番手の藤川球児投手(阪神タイガース)が1死満塁の大ピンチを招き、今大会2本塁打のケン・グリフィJr.中堅手をフルカウントから空振りの三振に仕留めたものの、続くアレックス・ロドリゲスにはセンター返しのヒットを打たれて三塁走者が生還しさよなら負け。何とも後味の悪い試合となってしまいました。後、2戦連勝して準決勝でアメリカに勝とう!

 


コメント ( 2 )

アクチパッチ

アクチパッチ


アクチパッチ(Actipatch)とは、アメリカ(メリーランド)の企業BioElectronicsが開発した、持続的に電磁気を発生させる医療器機です。


アクチパッチ

アクチパッチ


この機器は、手術後に用いられ、術後の腫れ、内出血、炎症、痛みを早期に軽減させます。

アクチパッチ(Actipatch)の作用機序について
細胞は1つ1つが帯電した小さな装置です。手術により損傷を受けると、細胞の帯電が減少します。それは細胞活動の低下を意味し、炎症を起こす伝達物質が放出され、痛みが発生し、損傷治癒の開始に必要な細胞間の連絡を抑制してしまいます。アクチパッチ(Actipatch)は損傷を受けた細胞に、細胞活動を回復させる周波数の穏やかな電流を誘導し、痛み炎症の伝達物質の放出を抑制し、血流を増やし通常の細胞の相互関連を再構築します。その結果、組織は早く回復を始め、腫れ、内出血、炎症、痛みを早く落ち着かせます。


アクチパッチの効果

アクチパッチの効果


アクチパッチ使用部位のみ内出血の引きが早くなっています。中央に電池が着いています。
約720時間使用可能です。電池の取り替えは出いないようです。


目の上下のしわとり後に使用例

目の上下のしわとり後に使用例


目の下の弛み取り(下眼瞼除皺術)後などに効果的だと思います。


術前と術後2週目

術前と術後2週目


通常の術後よりは回復が早いようです。


コメント ( 0 )

WBC残念!悔しいです!アジアではNo.1で2次リーグに進出して欲しかった。

日本は序盤、川崎のソロ本塁打などで、2点をリードしていたのに、韓国に五回に1点を奪われると、八回には石井弘寿がまさかの逆転2ランを被弾して2−3で敗退・・・


なんだか6年前の2000年シドニーオリンピック3位決定戦での韓国戦(1−3敗退)を思い出しました。

是非、2次リークでこの雪辱をはらして頂きたいです。


コメント ( 3 )

左からトレチノイン、ハイドロキノン、ビタミンCローション

左からトレチノイン、ハイドロキノン、ビタミンCローション


当院のシミ治療にはアレキサンドライトレーザーの照射と高濃度ビタミンCローション、トレチノインハイドロキノンの塗布を行っております。レーザー照射のみの治療と比べ炎症後色素沈着の発生が少なく良好な結果が得られています。

今日はレーザーやトレチノインなどの薬について説明します。

レーザーとは
レーザーとは一つの波長の電磁波のことを言います。放射線も紫外線も可視光線も赤外線も電波もすべて電磁波ですが、それぞれ波長が異なっています。
紫外線の波長は280から400 nm(ナノメーター)、可視光線は400nmから760nm、赤外線は760nmから1mmです。 当院で使用するアレキサンドライトレーザーの波長は755nmで、可視光線の中でも一番波長の長いところに位置する赤色の光です。
電磁波は波長が短いほどエネルギーが高いという特徴があります。放射線や紫外線は波長が短いために、エネルギーが非常に高く、ダイレクトに遺伝子にダメージを与えたり、活性酸素を生じさせて、皮膚の老化を促進します。しかしながら波長の長い可視光線では、エネルギーが低いために遺伝子やタンパク質にダメージを与えることはありません。そしてアレキサンドライトレーザーは可視光線のなかでも波長の長い、穏やかな光で、メラニンに吸収されやすいという特徴を持っています、出力を上げることで、メラニンを持った細胞を破壊することが可能です。


トレチノインとは
トレチノイン(オールトランスレチノイン酸)とはビタミンA(レチノール)の誘導体で、生理活性はビタミンAの約50-100倍であり、ビタミンA類の体内での生理活性の本体そのものであります。このトレチノインは、誰でも血液中にごく微量流れているものですから、抗原抗体反応を起こしたり、アレルギー反応を起こすことがありません。
トレチノインの皮膚に対する作用には以下のようなものがあります。
1.古い角質を剥がす作用。
2.表皮細胞の分裂・増殖を促進させる作用。
3.皮脂腺の働きを抑え、皮脂の分泌を抑える作用。
4.真皮のコラーゲンの生産を促進し、皮膚の張り、小じわを改善する作用。
5.表皮内でのヒアルロン酸などの粘液性物質の生産を促進し、皮膚をみずみずしくする作用。

ハイドロキノンとは
ハイドロキノンはメラニン合成酵素であるチロジナーゼの阻害剤です。さらにメラニン色素を作るメラノサイトに対して細胞毒性もあります。すなわち、しみの原因であるメラニン色素を作らせなくする漂白剤です。市販の美白製品では、アルブチン、コウジ酸、プラセンタエキスなどを配合した化粧品や医薬部外品が多数ありますが、成分の作用がハイドロキノンに比べて非常に弱い(100分の1程度)ため、市販されている商品の濃度では実際の美白効果は期待できません。

高濃度ビタミンCローションとは
ビタミンCは好中球より放出された活性酸素やフリーラジカルを還元作用により無毒化します。炎症を起こす活性酸素を減らし、炎症を抑えます。美白効果は非常に弱いですが、副作用がほとんどありません。

レーザー照射と合わせてこれらの薬を使用し、シミの治療を行います。


コメント ( 2 )

きゃらめるまん、ジェームスと

きゃらめるまん、ジェームスと


野球チームも一緒にやってるジェームスヘブンスのお店ナビゲーターの一周年記念に行ってきました。お店はダーツやビリヤードもできるレストラン&バーでライブも楽しめます。この日はきゃらめるまんバンドが来ていました。一緒にダーツをしましたが負けると、テキーラをショットでイッキでした、結局3杯飲みました。ちょっときつかったです(T_T)。


コメント ( 9 )